2010年09月28日

第11話「妖怪 最終貝 登場」〜前編〜あらすじ

月宮家で家事に精を出すドジちゃんは、翔太から「ずっと家にいてもいいよ」と言われ、実は秘密にしていたことがあると言い出す。それはドグちゃんも知らないことで、ドジちゃんと翔太の父・雄三との約束だった。

saishu2.jpg
ドジちゃんがその約束を明かそうとした時、地震が起こる。ドグちゃんは辺りに漂う強力な妖怪臭を察知し、家から逃げ出そうとするが、いつの間にか貝殻の結界が張られていて、外に出ることが出来ない。

saishu4.jpg
その頃、外でトレーニングをしていたドロちゃん、ドカちゃん、ドレちゃん、ドリちゃんが次々と襲われてしまう。

saishu1.jpg
ドグーンXを襲ったのは、貝マン。妖怪・最終貝のしもべだった。1万年前、ドグちゃんと相棒のマグちゃんは、その口が閉じると世界が終わるという最終貝に貝柱のつっかい棒をして地球を救った。が、人間の悪が満ちると再び力を取り戻すと言われた最終貝が、今、再び迫っていたのだ。

saishu5.jpg
そのころ、月宮家に残ったドジちゃんと翔太の目の前で神棚の扉が開き、中には暗黒の世界が広がっていた。そこには扉ぎりぎりに迫る最終貝が!よく見ると、その中で、貝が閉まらないように押えていたのは、行方不明の雄三だった。雄三は地球を救うため、人柱ならぬ貝柱となって、貝を押えていたのだ。

saishu7.jpg
貝マンは捕まえたドグーンXを人質にドジちゃんに対決を迫る…。

saishu6.jpg

監督:西村喜廣/脚本:継田淳
posted by 古代少女隊ドグーンV at 00:01| あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。