2010年09月28日

第6話「妖怪 未来の想い出 登場」あらすじ

翔太の部屋を掃除した時に、彼が大事にしていたブリキ缶をうっかり捨ててしまったドジちゃん。翔太からものすごい剣幕で怒られ、「2度と帰ってくるな!」と言われたドジちゃんは、缶を探すうちに「謎の光線」を浴び、気を失ってしまう。

mirai2.jpg
マンションの一室で目覚めたドジちゃんは、主婦のような格好で、見知らぬ男の子から、「ママ」と呼ばれていた。困惑するドジちゃんに優しく声を掛けたのは、同じマンションに住む主婦・杉原さん(谷澤恵里香)。

mirai1.jpg
彼女と話すうち、自分が妖怪ハンターではなく、幼い息子・ヒトシと暮らす、ごく普通の主婦であることを知るドジちゃん。さらにその夜、まだ見ぬ夫のこと、大好きなハーモニカの曲のことなどをヒトシから聞かされたドジちゃんは、ますます困惑するばかり!?

mirai5.jpg
果たして、身に覚えのない「想い出」の数々は何を意味するのか? ドジちゃんが迷い込んだ世界とは一体……!?

mirai4.jpg
一方、月宮家では、ドジちゃんが意識不明の状態で発見され、大騒ぎになっていた……。

mirai3.jpg

監督・脚本:三宅隆太
posted by 古代少女隊ドグーンV at 00:06| あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。