2010年09月28日

第1話「妖怪 ゴーコン 登場」あらすじ

バイトをクビになったばかりの冴えない大学生・月宮翔太(鈴木勝吾)は、合コン仲間に手伝ってもらい、古びた一軒家へ引っ越す。そこは、母と離婚した自称・妖怪研究家の父・月宮雄三(西郷輝彦)が住んでいた家だった。一人暮らしだった雄三は消息不明で、生きているのか死んでいるのかもわからない。家の中を物色していた翔太は、祭壇と書斎が合体したような不思議な部屋を発見する。その時、中庭で地面から剥き出しになっている謎の土偶が光った。

dogoon5_01.jpg
翔太が恐る恐るその土偶に触れると、いきなり土の中から、土偶ビキニを身にまとった妖怪ハンター・ドジちゃん(桃瀬美咲)が甦った! 驚く翔太に「おやっさん!」と飛びつくドジちゃん。どうやら翔太の臭いを雄三の臭いと間違えたようだ。それに気づくと、ドジちゃんはお詫びの土下座をし始める。「なんなんだ、コイツ!?」動揺して逃げ出した翔太を追って、ドジちゃんは合コン場所にまでついてゆく。

dogoon5_07.jpg
そしてトイレで翔太に土偶ビキニから投射した父・雄三の映像を見せた。3年前、現代に妖怪の影を感じた雄三は九州の遺跡で妖怪ハンターの存在を発見、ドジちゃんを地中から掘り出したというのだ。が、まだ見習いハンターだったドジちゃんのスーパードジぶりはすさまじく、採掘で使う爆薬を爆発させてしまい、怪我を治すため雄三の手で土中に埋められていたのだ。

gocon1.jpg
翔太に人間を妖怪から守るという意志をついで欲しいという雄三。突然のことに取り乱す翔太だったが、その時、すでに合コン仲間たちが妖怪の餌食になっていた。

ashina.jpg
妖怪ゴーコンの間の手が翔太にも迫ろうという時、ドジちゃんをつけてきた4人のカラフルな土偶ビキニ少女(武田梨奈、吉川まりあ、團遥香、野元愛)が現われた…。

監督:井口昇/脚本:継田淳
posted by 古代少女隊ドグーンV at 00:11| あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。